カーテンコール

懐古厨の戯言

フォト一揆の思い出ととあるアルバイトの話

使っているSNSを整理しようかな~と思い、ばらばらの場所に書いていた記事をここに一本化することにしました。
これは、note.に投稿していた記事。思わぬきっかけでたくさんの方の目に触れることになり、当時とある掲示板に書かれることもあったため、有料コンテンツとしていました。今はもうジャニヲタとは言えないような人間なので、こちらで公開してもいいかと判断しました。微妙に加筆修正を加えています。

 

【キャバクラでバイトしていた元関ジュ担の話】
大学を卒業して、専門学校に通いだしたその年、バイトもせずに春松竹、Sexy Zoneの初アリーナコンサート、当時の担当がはじめて出演した滝沢歌舞伎、夏松竹、9月の日生を終えたわたしの口座残高は恐ろしいことになっていました。
そこで、専門学校の授業も落ち着いてきた秋口、ようやく重い腰をあげて働くことにしたわけです。キャバクラを選んだ理由は単純。シフトに自由がきいて、時給が高いから。あとは、大学時代に水商売のバイトをすでに経験していて、自分にとってはファミレスで働くのも夜の仕事をするのも感覚的には変わらなかったからです。

仕事についてはほんの少しだけ触れておきます。わたしの働いていた店の始業は夜の20~21時の間で、終業時間は決まっていませんでした。次の日学校があっても深夜2~3時まで働く日も稀ではありますが存在しました。給料は日払い。本当は月に○本は指名を呼ばないといけない、みたいなノルマが存在していましたが、やる気なし嬢だったのでうやむやにして完全日払いのまま辞めるまでごまかしていました。
いろいろなお客さんがいました。地域柄もあるかもしれないですが、厳しいお客さんが多かったです。いちいち真に受けていられないくらい、嫌なことを言われることもありました。そんな中で、働いて泥のように寝て楽しくない学校に通う。その日常のご褒美に関西ジュニアのステージがある。そんな感覚でした。
あと、ステージを観るたびに、男の人たちが汗水垂らして稼いだお金をわたしたちが心を削った代償としてもらい、そのお金がきらびやかなステージに消えていくというのは何とも不思議で、経済とはこうやって回っていくのだなぁと感じていました。

さて、ようやく本題に入ります。わたしが通っていた(というほど入っていませんが)その頃の松竹座には独特な文化がありました。「フォト一揆」と呼ばれていたそれは、千穐楽に担当のフォトセットを売り切れさせるべく、ヲタクがそのとき残っているフォトを買い漁っていくというものです。 なぜそんなことが行われていたかといえば、多分、当時の関西ジュニアの扱いにどうにかして反旗を翻したかったのではないかと思います。それと、担当にやめないでほしかったから。当時の松竹座と言えば、千秋楽のたびに誰かが泣き、それが退所の暗喩だったり、幕が開いたらポスターに名前が載っていたにもかかわらず姿がない子がいたりする、とても不安定な場所でした。
当時のわたしの担当はしょっちゅう退所の噂が立ったり、関西ジュニア内での立ち位置も少しずつ後ろに下がっていくような存在でした。フォトセットもいつもギリギリまで売れ残っていて、その場にいないわたしははらはらしながらTwitterを眺めるばかり。でも、働き始めて少しずつお金に余裕ができてきたわたしは、次の松竹からフォトを大量に買うようになりました。最初は50、そこからどんどん増えていったその量は、多分普通の人には理解しがたいものだろうと思います。実際、批判的な声ももちろんありましたし、わたし自身もそれが「正しい」行為なのかはわかりません。ただ、わたしが買いたいから買っていただけで、同意を求めるわけでもほかのヲタクを煽りたいわけでもありませんでした。
でも、ジャニーズJr.というとてつもなく不安定な位置にいる彼らを見つめるなかで、何かしら形に残る応援をしたかったのだと思います。個人によって準備数は違うでしょうし、売り切れるイコール人気があると認識されるかもわかりません。ただ、「○○のフォト売り切れたよ」と伝えられるのか「○○のフォト残ったから」と伝えられてしまうのか、どちらが彼の幸せだろう、と考えたとき、それはきっと前者だろうし、それなら微力でも彼を喜ばせたかった。
彼はステージの上ではいつも楽しそうで不安なんてないまま活動しているように見えていましたが、実際のところそうじゃなかったんだろうというのは、彼がデビューする前年に冬の松竹で見せた涙で知りました。彼自身もきっと自分の現在や将来を考えたとき、泣きたくなるほど怖かったのだと思います。それでもファンに夢を見せてくれていた彼が、愛おしくて仕方がありませんでした。

さて、ずいぶんと話が逸れてしまいましたので、ここでおしまいにしたいと思います。今年も松竹座では冬のコンサートが開催中です。フォト一揆はずいぶん廃れてしまいましたが、ステージに立つ彼らの輝きはきっとあのころと変わらないのでしょう。